犬家の方々がみんな我が家の犬が一番カワイイと思うように、
あちきの場合も同じく我が家の犬「ポチ」(ラブラドールレトリーバー・♀7歳)が最もカワイイと思っています。いわゆる親バカです。デジカメを買ったら被写体の多くは
愛犬です。他の人からすれば大した事ない写真でもニヤニヤして見てしまいます。
おそらく、愛犬家どうしの会話って「我が子自慢大会」
なんじゃないでしょうか・・・。あちきには他の飼い主さんと会話する機会がないので、本当のところはよく分かりませんがそんな気がします。
「ウチの●●ちゃんはね・・・」「いえいえ、うちの▲▲ちゃんなんて・・・」そんなかんじで、人の言うことはよく聞いてなさそうな
会話が飛び交ってるんじゃないでしょうか。気持ちはよく分かりますよ、本当に。


日はラブラドールレトリバーとゆう犬種について書いてみようかと思います。我が家の愛犬の「ポチ」
は「ラブラドールレトリーバー」、一応血統書のある純血の犬です。あちきはまだこの血統書ってゆうものをまだ見たことがないですが、
どこにおいてるんでしょ・・?。

ラブラドールに限った話ではないですが、血統書に記載されている犬の「名前」は実はすごく大事なもので、名前を元に血統をたどる
ことができるように、すごく長い名前がつけられます(交配したところとか血統に関するものなど色んな名前が入ります)。そして長い名前の
一番最初に表記される犬自身の名前にも制限があり、「ポチ」の場合は頭文字に「A」が付く名前でなければいけませんでした。結局「ポチ」
つけられた名前は「アリス」でした。なので、正式な名前は「アリス」、「ポチ」はニックネーム。「アリス」が幼少のときからずっと「ポチ」
と呼び続けることで、いつからか自分は「ポチ」だと判断するようになってしまいました。犬の訓練士さんが聞いたらすごく怒りそうな話ですな・・・。

犬種の話から大きくそれてしまいました。ラブラドールレトリーバーという犬種はとにかく性格が優しく、人の言葉を分かっているかのように
たいへんコミュニケーションがとりやすい犬です。飼い主に対しての忠誠心が強く、盲導犬や警察犬、麻薬捜査犬として広く活躍しています。
イギリス、アメリカでは人気No.1だそうで数年来出産頭数1位だそうです。

「レトリーバー」とゆう言葉の意味は「回収者」。名前の通りこの犬種は物を回収する作業が大の得意で、原産国のイギリスからカナダに
わたり主に漁師に連れられ、海岸付近で網からもれた魚の回収をしていたとされています。その後イギリスに逆輸入されて、ブリーダーの手により改良されたものが現在の
「ラブラドールレトリーバー」
の始まりだとか・・・。イギリスではハンターの打ち落とした野鳥の回収犬として活躍したようです。


はたいへん人懐っこい性格のちょっとデブな犬です。怖くない人には全ての人になつきます。訓練士さんがしっかりしつけをしてくれたおかげで、
ゆうことをよく聞いて何かと助けてくれます。

やっぱり、訓練って大事なんですよね。幼少期の一番かわいらしい時期に訓練に出さなければいけないので心苦しいものですが・・・。
訓練された犬とそうでない犬はしつけの面で大差が出てきます。飼い主の言うことを聞く態勢をもてるか、ガマンできるか、人に危害を加えないか・・・など人と生活するうえで必要なこと
が訓練で得られます。信頼できる訓練士さんに預けることをオススメしますね、特にラブラドールは。犬の持っている能力を最大限引き出してくれるように思います。

なんだかとりとめも無くラブラドールとポチのことについてダラダラ書いてしまいましたが、次回からはもう少し掘り下げて書いていこうかと・・。
質問等あれば、メールまたはBBSにでもどうぞ。では、また

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事