みなさんこんにちわ。

ヒートテックにカイロを貼り付けてるドラムの山口です。
寒いですね、最近。ですがヒートテック+カイロをやると正直熱すぎます。汗かいてしまいます。そのまま外に出ると一気に身体を冷やしますので、みなさんはマネしないようにどうぞ。
さてさて、2018年が終わろうとしています。「平成最後」とかいう言葉が溢れてますが、私には1つの疑問があります。
いつまで元号って使われていくんでしょうね?
元号って必要?という思いがずっとあります。
役所とかでも元号で書かないといけない書類とかもう、、、わけわからん状態でして。
西暦で統一して元号を無くしてもいいのに、、、。私は本気でそう思ってます。
いやいやそれは日本の伝統でー、、、
みたいなこと言われる人もいるかと思いますが、元号って元々は君主が自らの力を誇示するためのもんでしょ?って話しでして、時代もここまで変わればとっくの昔に形骸化してしまってるわけですよ。
で、形骸化してしまったものを存続させるのって、そこには意味がなくてただただ手間ばかりがかかってしまうんです。超非効率。
ですが、これが存続されていくのって長年かけて日本人のマインドに刷り込まれた当たり前なんでしょうねー
僕の予想では、もうちょっとすれば元号が廃止されると思います。もうちょっとってのは、んー、、、あと元号が2つ変わるくらい?
非効率な元号が人々のやりとりの中でどんどん使われなくなって、現在の元号が何か知らないっていう人がたくさん出てくることでしょう。人々が関心を持たないから変わってもマスコミで発表されることもなく自然と忘れられていくと思われます。
どうでしょ?この予想
さてさて、この10~20年くらいの間の世の中の変化を見ていると、これまで当たり前だったことがそうでなくなっているところは色々ありますね。
その多くはテクノロジーの発展がそうさせるわけでして、我々はこの変化についていかねばなりません。
そういった事例について、例えばですが、
紙といえば、新聞紙や書類、コピー用紙、レシートなど感熱紙、ティッシュ、箱、、、、。
製品として紙に関するものは実に多岐に渡ります。
この10年程度で情報媒体として使われる紙は激減しています。新聞紙を契約してる人なんていまや少数派じゃないでし
ょうか?
それに、連絡手段として手紙やはがきを使う人も。はがきの面積に書ける内容を送って62円かかるとか超高額な伝達手段じゃないですか?しかも自ら送ったというエビデンスが受け取り側にしかないという、、、。
そういう意味で年賀状とか、、、いつまで続く風習なんでしょうね、、。郵便局の意地というか、、、。
メールなりLINEなり年賀状的に画像デザインして送信するのとかありますよね?今。
だらだらと書いてますが、、、、
私が言いたいことは、、、
年賀状書くのが面倒くさい!
師走のひと時でした
ではでは

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事