みなさんこんばんわ
ドラマーの山口です
先日のことですが、夜遅くまで飲みに行ってました。今年にオープンした豊中の西緑丘にあるRoots66というお店で。
ライブもできるバーで超本格的な音響設備が整っております。
こちら

image

マスターは私の中学の先輩。8年ほど離れておりますが、ギターも歌も素晴らしい技術でして、居心地の良い空間で楽しく過ごさせて頂きました。
こんな素敵な場所で何か楽しいことできないかなーと、考える日々です。
お近くの方は一度行ってみることをオススメします。
週末は特に音楽をやる人がよく集まっててさらに楽しいみたいです。近々週末も伺おうかと考えてます。
あまり外でお酒を飲むということを積極的にする方ではないのですが、家から近いと動きやすいので気軽に行けて良いですね。
えーさてさて、今日は先日あったことで、忘れてはいけないと感じたことをまたもや備忘録として書いておきます。
2017年9月17日
今年で4回目になるイベントに参加させて頂きました。
普段から親交のある津田フジヒロさんのベース教室イベントでして、日本を代表するスーパーベーシスト納浩一さんをお迎えしてのワークショップとジャムセッションをするという凄いイベントです。
私はサポートミュージシャンとして参加させていただきました。
で、納浩一さんとはこんな方
分かりやすいところでは、すこし前にビートたけしさんが出ていたCMで共演されてました。
こちらがその動画


タップダンスをするビートたけしさんの後ろでコントラバスを弾いてるのが納浩一さんです。
納さんはジャズミュージシャンなら誰もが持っている『ジャズスタンダードバイブル』という楽譜集の著者であり、常に全国を飛び回って演奏しているいわゆるトッププロミュージシャンです。日本で最高のベーシストと言っても過言ではないでしょう。
私としては、こんな素晴らしい機会を与えていただけることは実にありがたいことなのです。最高のプレーヤーとご一緒できる機会はそうありません
第1回目から今年で4年目。本当に毎年オファーをいただく津田さんには頭が下がります。下がりっぱなし、、
で、今年で4回目、、、、
これまでの、、、、
第1回目から3回目まで、、、
納さんとガチのセッションで演奏させていただいき、私としては常に全力で挑んでいるのですが、、、
そのどれもが、内容的には
惨敗!
音楽というものは勝ち負けじゃない!
とかいう議論もあろうことでしょう
しかし、ガチでセッションした場合に当事者の間では明らかに分かるのです!
どちらのプレーヤーの方が良いプレーをしたのか。また、やり取りでどちらが上だったか、、、、
ジャズという音楽はこの辺が難しくも楽しいところです。
えー、先ほど1回目から3回目は惨敗と書きました。
じゃぁ、今年の4回目は勝ったのか、、?
決まってるじゃないすか
惨敗ですよ
安心してください。惨敗ですよ
もうねー、音楽やる上での懐の深さの違いを感じて、、、、
これは経験値の違いが大きすぎるから仕方ない部分もあるのですがね
そして分かっていても辛くなる瞬間もあります、、、
ただ!しかし!
今年は少し違った!
同じ惨敗でも、
食らいついて、必死にこっちから仕掛けて、あっさり返されて、でもまた仕掛けて、、、、
1番最後にやった曲でドラムソロを回された時に、驚愕のことが起こったのですが、、、
納さんは私の出すフレーズのアクセントを軽く真似てずっと着いてくるんです。
私としてはアドリブで出してるフレーズなのにそれに全て合わせてくるんですよ。やりながら、私の心を読まれてる感覚でした。
この人どんだけ凄いんだろう、、、
と感じつつ必死でやり切りました。
なんだ
いつものようにめちゃくちゃにやられてるんじゃないか!
って思われる方もいらっしゃるでしょう
ですがね、
この内容のやり取りは昨年までは私はできなかったことでしょう。たぶん、ついていくこともままならなかった。
これは
私自身が昨年よりも少しだけ身体の自由が効くようになったから感じることができたのでしょう。
音楽的知見をもっと深めれば、私自身がもっと違うアプローチができて、納さんとのアンサンブルにおいてより広い世界観を出すことができるのでしょう。
そう感じずにはいれない瞬間でした
ずっと基礎練習を欠かさずやってよかったなぁと感じつつ、いやまだまだ続けないとダメだなぁと自覚。
そしてもっと音楽の本質に近づかねばと思うわけです。
そのためにはもっとそこに時間を割くべきで、勉強は死ぬまでやるべきなんでしょう
時間があればとにかく音楽の練習に取り組むべきだと今回も強く思いました。
それでいて、、、
毎年毎年、、納さんはよく文句言わずに一緒にやってくれるなぁと、、、感心してしまうわけです
納さんのレベルなら我々にガンガン文句ゆうても許されますよ。いやほんま
話すとニコニコして、演奏したら音で抱擁してくれるあの人間性に惚れてしまいそうです。
正直なところ
納さんみたいに懐の深いミュージシャンになりたい
一緒に演奏するミュージシャンがどんな相手であろうと、こっちが出す音で包み込んでしまえるような、そんな男になりたいわけです!はい!
そのためには練習し、研究し、誰かと一緒に音を出すということを日々積み重ね続けないとダメなんですね。
強烈なインパクトを毎年残してくれる納浩一さんのイベント。また来年も一緒に演奏できることを祈りつつ、僕もまた精進しようという決意です。
毎年なんだかんだ、日々の忙しさに流されて研究を続けるということをおろそかにしてしまってます。これから生活の時間の使い方を抜本的に変えるべく動きます!
というわけで
長々とした文になってしまいました
ただの私の備忘録です
音楽というゴールのない旅をこれからもっともっと楽しもうと思います
ではまた
ごきげんよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事