みなさまこんばんわ
ドラムを叩く人、山口です
今日は先日あったことを書き留めておこうと。
先日某高等学校にて教職員の方々を対象としたドラム演奏に関する研修をさせていただきました。
毎年依頼を頂いてるお仕事で、今年でいったい何回目になるのでしょうか、、、。回数は忘れてしまいました。
2時間半の時間で、研修を受けに来られた先生方にドラムを叩けるようになってもらおうという企画です。
企画自体は私が立ち上げたものではありませんが、内容は私に任されておりますので、いつも好き勝手にやらせてもらってます。
ほとんどの参加者は未経験ですので、ドラムの入り口として楽器の持つ魅力とボトムを支えるスキルを伝えられたらという思いです。
勉強でも何でもそうなんですが、初めて触れるものはその魅力を体感できなければ、だいたいが嫌なものになってしまいます。
私の高校の頃の同級生で1人、理系なのに物理が大嫌いだという人がいました。
その理由は、最初に当たった物理の先生の態度が気に入らなかったから
そんな子供みたいなこと言うなや、、、って思ったりもしましたが、人間なんてそんなもので、、、
最初の先生が嫌い

勉強する気がわかない

初歩を勉強しないから基礎が身につかない

その後も全くダメ
という構図で、その授業はえらい苦痛になり続けるんですねー
僕も嫌いな教科はあったなー、としみじみ
なので、
僕が人にドラムを教える時、そしてそれがその人にとって初めて体験するドラムの時は、、
ドラムという楽器の魅力を伝えることを基本にして、積極的にドラムに触れてもらうことを心がけてます
ま、それでも楽しめない人はいますので、それはそれでしょうがないです。みんながみんな同じ印象を受けるわけありませんので。
ですが、できる限り多くの人にドラムの楽しさを知ってもらい、それがまた他の人に伝わっていけば良いなぁと。
だいたい好き嫌いは最初に決まってしまいますね。
教える立場にある人は心に留めておくべきことだと思ってます。
偉そうなこと言ってますが、僕は教育者じゃないですよ
来年はこのお仕事の依頼が来ない可能性もありますし(笑)
あしからず
ただの戯言としてお聞きください
ではまた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事