さてさて、記憶がフレッシュなうちに書き留めておかねばと思いつつ、、

2日目の記憶をたどりますと、、、
眠りについて数時間、あることに気づく訳です。
この街は超絶うるさい
ちょっと寝たらすぐに安眠を妨げられてしまうのです。
上の写真のようなあまりにデカいごみ収集車がすごい音立てて走ってたり、パトカーのサイレンは常に聞こえるし、なんか工事やってるし、人は叫んでたり、、、
津田さんとも話ししましたが、マンハッタンのホテルに泊まる時は耳栓が必需品ですね。建物の防音なんて全くないに等しいし。 勉強になります
朝食は昨晩のうちに近くのデリで買っておいたパニーニ。これもデカい。9ドルくらい。写真は津田さんから拝借
はっきり言って半分の大きさで5ドルとかにしてもらった方が日本人にはサイズ的にちょうどええです。
マンハッタンで食事するのは何かとお金かかりますね
さてさて、夕方より行動開始
ちょっとばかり楽器屋をチェックしたかったのでSamAshという楽器屋さんを目指します。
前に来た時は48stあたりだったか、タイムズスクエアからもほど近い感じただったのですが、今は移転してるようで、、、
はいこちら
34stあたりだったかな、、、?
楽器屋で、dwから出ているバレルスローンを確かめたかったのです。バレルスローンとは要するにイスなのですが、筒状のイスで中にハードウェア類を収納できるというやつです。
日本では輸入代理店のモリダイラが輸入してくれてなくてなかなか手に入らんのです。もし買ったなら一応飛行機の預ける手荷物は2つまでいけるし、買う気満々です。
中に入りまして、探しますが結構広い。
店員にドラムイスどこ?って聞いたら、”That way! You can find anything definitely!”(あっちだ!どんな商品でもあるから!)だそうです。
ですが、、、、
ドラム売り場にバレルスローンは見当たらず、、、
そこの担当者に聞いたら、
“バレルスローンー?!なんでそんなもん欲しいんだ?”みたいな返事。
メーカーに言えばすぐ取り寄せられるけどー
だって。
とりあえず、試して良かったら買いたいんだけど、、、っていうと、うーん、、、、、て感じ。 
さすがに試した上で買いたいし、大変な思いをして持って帰ることになるので。
店員の反応がイマイチなので、あーいいよもう、ありがとねー ってことで退散しました。
残念、マンハッタンにもう一軒、楽器屋はギターセンターがあるからそっちに期待しよう。
はい!1番線にのってクリストファーストリートの駅あたりに来ました。明るく見えますがもう19:00前くらい。
この写真の赤テントのお店は以前Grageというレストランでジャズの演奏も入っていたところなのですが、もう閉店して違うお店です。寂しい限り
さぁ、この日のライブ鑑賞は55barから。
クリストファーストリートが最寄駅、West4stからもほど近いところです。前に来た時には見たいものがあまりなかったので入ったことはなかったため、今回初めて訪れました。
お目当てはStan Killianさんです。彼は私が初めてニューヨークを訪れた時に、ジャムセッションで見て度肝を抜かれたサックスプレーヤー。超カッコいいんです
ライブスタート!うぉー!かっけー!
ほとんどはスタンキリアンさん自身のオリジナル曲ばかりなのですが、私のツボにハマります。やっぱり来て良かった!
このまま2ndセットまで見ました。ですが、この日はノーカバーの日。要するにお客さんはミュージックチャージなど払う必要のない日。基本的にチップ制です。いきなり安くで実にクオリティの高い音楽を聴けました。幸せ
終わってから写真をパチリ。スタンキリアンさんは何度か来日してライブしてはりますが大阪はゼロ。ぜひ大阪にも来てねー、って話して店を後にします
この日は10:30pmからブルーノートでBRIAN BLADE氏を見ようと予約しておりました。55barから歩いてすぐです。
お腹が減ってたのでブルーノートの向かいにあるマクドで腹ごしらえです。
しかしまぁ、サービス良くないですね。クーラー効いてなくて部分的にあてる強烈な扇風機がありました。
ブルーノートの店の前。
開場前に行列になってました。開場するとゾロゾロと入っていきます。
案内された席がイマイチ気に入らなかったので、”I want to watch drums.”と伝えると”OK!”ってことで
ドラムの真後ろに案内してくれました。絶景。
この日はDanilo Perezさんピアノ、ベースはJohn Patitucci氏というすごいメンツ。音楽は超複雑でした。
あまりの複雑さに気を失うかと、、、タイムは完全に見失いました。
さぁ、ブルーノートでのライブ終了後は96stあたりのアップタウンに向かいました。
マンハッタンに移住して音楽活動を頑張っている友人のKyoheiくんがクレオパトラズニードルにジャムセッションに来てるとの連絡があったので伺おうかと。
来ました!7年ぶり。
96st 駅から3ブロックほど南。クレオパトラズニードルはレストランです。
入るとKyoheiくんが叩いてました。彼はもう完全なるビバップドラマーですね。
フィリージョーのようなグルーヴ。早く売れて有名になってほしいです。
ドラマー側から見るとこんな感じ。ステージは結構コンパクトに収まってまして、店自体はそこそこ広いです。スネアによくクーラーから水が落ちてきます。
この後、ジャムセッションに少し参加させてもらいました。ただこの日は閉店時間が早いのか、店員さんは早く帰れムードいっぱい。
色々たくさん行動したので宿へと帰ります。2日目終了ー
ではまたー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事