みなさんこんにちは

最近このブログを見てくれた人が、私のことを心の闇が深い人だと言っていたそうです。
心の闇が深いドラマー山口です
今日は最近食べたもので、いろいろ考えたことがありましたのでそのことを少々書いておこうかと思います。
何を食べたのかと言いますと
これ!
一平ちゃん夜店の焼きそば
ショートケーキ味
、、、、、、
これねー
美味しいんですよ!
ほんと
他に食べたものでは、、、
これ!
ポテトチップス モンブラン味
これもねー、超美味しい
で、いろいろと人から言われました
気持ち悪りぃって
味覚が変なんじゃない? って
えー
んーとねー
食べてもいないのにそんなこと言っちゃだめ!
こういう突飛な商品は私は実際に自分で確かめないと気が済まないのです。
どんなに口コミで書かれていようが、人からこんなのだよって教えてもらおうが、、、、
百聞は一見にしかずとはこういうもんです。
で、これらの商品を食べてみてあることに気がつきました。
食べる時の心の基準が大事
どういうことかと言いますと、我々はものを食べる時ある程度の先入観を持ちます。
ヤキソバと聞けば、香ばしいソースの匂い
ポテトチップスと聞けば、塩の味
でしょうか
我々は心の中に、経験則からこれはこいうものという基準を作り上げます。
考え方が保守的であると、そこから外れた物は認めたくなくなります。この感覚がやっかいでして、、、
変な組み合わせだと感じたら、不味いだろうと思って、決めてしまうのです。
では、、ショートケーキ味のヤキソバは本当に美味しいのか、、、
これを味わう上で大事なことは、
感覚をニュートラルに置くことです
まず、
ヤキソバを食べるという感覚を捨てる
それができれば、ソースの匂いを期待することもなくなります
ソースの匂いと違って甘い香りがしてきても、違和感を覚えず受け入れられる態勢ができます。
これはすごく難しいことです。
気持ち悪いという人は、本来のヤキソバの味とのギャップに苦しむのです
で、このショートケーキ味のヤキソバの匂いは、、、、んー
近いところで言うと、映画館で売ってたりするキャラメル味のポップコーンってところでしょうか。
それでいて、食感は麺。
味もまろやかなスイーツって感じで、ニュートラルな心を持っていれば美味しく最後まで食べられます。
本質を見抜けばどうってことないです。
しかしまぁこういった商品はニュートラルな心を持たない人には受け入れられず、なかなか苦しい商売になるのでは、、、?
話題としては良いですけどね。確実に定番商品にはならないでしょう。
で、もしも僕がこういった食品メーカーに勤めていて、企画するならぜひ作りたいモノがあります。
それは
つぶあんオニギリ!
です
ネーミングも分かりやすいですね、おにぎりの🍙中身がつぶあん
絶対にこれは美味しい!
気持ち悪いって思った人!
オニギリという概念をまず捨てましょう!
この商品は口に入れて噛んでいる間に味はおはぎへと変化していきます。
オニギリ=食事という感覚から抜けられない人には受け入れられないでしょう。
家でもできそうな物だし、ぜひお試しください
ニュートラルな心を持って
では
ごきげんよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事