みなさんこんにちは。
41歳の春を謳歌しているドラムの山口です。
初心忘れることないようにしようと考える出来事があったので、備忘録のために書いておこうと思います。
今日は良い天気だったので外に出たいと思い、家から歩いて10分ほどのところにある某有名定食屋に行きランチしました。
昼食後も時間があったので、ついでにミスドに寄ってコーヒーとドーナツでスイーツをゆっくり楽しんでおりました。
そこへ、高校生とおぼしき集団が私の横の席に座りました。ギターを持っているコが数人いたので、あぁバンドやってるんだな、、と 思ったわけです。
なんかいいなぁ
とほのぼのと感じていたのですが、、、
その後の会話がどうにも、、、
ボーカル『なぁなぁ、あの歌の歌詞めちゃ難しいからさぁ、1番ばっかり3回歌うで。聴いてる方も分からんやろ、英語やし
、、、、
ダメですよ、ちゃんと覚えて歌えるように努力しましょうよ!
って言いたくなりましたがやめました。
ギター『その曲な、俺一人で弾くところさぁ、11と10と11と11みたいな感じでな指めっちゃつらいねんや。だから全部11弾いてるから。だいたい一緒やしー
たぶんその数字ってフレットのことですよね。半音違うと超気持ち悪いですよ。ちゃんと弾けるように練習しましょうよ
って説教してやりたくなりましたがやめました。
ギターその2『ま、ええんちゃう。頑張って細かいことやってるより、下手でも適当に弾いて叫んでるほうがカッコいいって。
、、、
おっしゃってることはあながち間違いとは言えませんが、まずは出来るように練習しましょうよ!ダメですよそんなんじゃ!
って言いたかったですがやめときました。
おそらくドラム『それよりさぁ、打ち上げどこに飲みに行く?
カラオケでジュースくらいにしときなさい!
と言いたい気持ちでいっぱいでしたが、その辺で店を後にしました。
すぐ近所にあるライブホールのサイトを見てみたら、今日は高校生バンドのイベントがあるみたいです。
たぶん、それに出るのでしょう。
僕らが高校生の時って、出来るまで練習を繰り返すのが普通だったけどなぁ、、、、って私は現在41歳なのでもう25年くらい前なのか、時代は変わってるのか、、としみじみ。
何にせよ、
練習しなあかんよ!お金取ってるでしょ!そのライブ!
はるの日差しが暖かいです。
ごきげんよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事