鍋の美味しい季節ですね。私としては早く夏になって欲しいものです。
確定申告をしなくちゃいけないけど、まだ逃げているドラムの山口です。

2015-01-28-19-59-28

さて、いきなり変な写真ですが、美味しそうな大根ですねー
キレイな指の形をしているので、もしこの大根がウチにあったなら、彫刻刀で爪の形までちゃんと彫ってあげて、お鍋に一本ずつ指をむしって入れて食べたいものです。
知り合いには気持ち悪いと言われました。
美味しそうなのにねー
さてさて、
こないだ、ある進学塾
の広告を見かけたのです。
かつて私の小学生の頃に通っていたR塾なのですが、そこにこのような言葉が書かれていました。
苦手科目を克服!最強の勉強法!
ふむふむなるほど
ふむふむ
つむつむ
で、、私は考えたわけです。
苦手はなにがなんでも克服しなきゃいかんのか?
どうなんでしょう?
この問いに対して私はNoなのです。
例えばですよ、、、
すんごく料理の上手いAさんがいましたとさ。でも勉強は苦手で数字はさっぱりでしたとさ。
Aさんの友達のBさん数学が得意でお金の計算が早かったとさ。
Bさんの友達に容姿がすごくかっこ良くて人当たりの良いCさんがいましたとさ。
こんな3人が一緒にレストランを開きましたとさ。
そのお店は、イケメンのCさんがお出迎え、Aさんの作る料理が美味しくて、Bさんが仕入れや原価をしっかり管理してリーズナブルな価格で大変良いレストランになりましたとさ。
はー、めでたしめでたし。
Bさんがしっかり管理して利益もいっぱい出てたらいいですねー
そういうことなんですよ!
わかりにくいすか?
つまりね、
苦手はあっても良い
それを補い合える人と仕事すれば良い
だと思うのです。
全ての苦手を克服しなきゃいけないのは、、、、
1人で全部やらなきゃいけない人
じゃないかな、、、
だからですね、塾の広告としてより良いと思われる言葉は、、
得意科目がもっと伸びる!
じゃないかな?と。
私はその方が魅力を感じてしまうのです。
ま、得意を伸ばすための苦手克服は有りだと思いますよ。
ただ、料理が得意なら誰よりも美味しい物を作れるってところを目指した方が人生は楽しいんじゃないか?と、、、
面倒くさい確定申告を目の前にするとどうもいろいろ考えて、姿勢が逃げてるようです。
そろそろやります。
みなさんごきげんよう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事