みなさんこんにちは。ドラムの山口です。
元気ですか?
こないだ、親交のあるベーシスト津田さん主催の『納浩一ベースクリニック』でドラムでのサポートをしてきました。
いやー強烈でした、スーパーベーシストと呼ぶにふさわしい方でした。ベースが上手いとかそんな技術的な事だけでなく、魂のこもった1音を体感できたのが本当に良かったです。
またどこかで一緒に演奏したいなぁと。津田さんありがとうございました。

2014-09-06-17-31-59

さてさて、そんな素敵な時を過ごしたにも関わらず私の絶不調です。
腰が絶不調です!
だんだんと、座ってドラムを演奏している最中にまで痛みを感じるようになったので、何か対処せねばと考えるわけです。
どうしようか、、、
医者はあまり好きじゃないし、、、、
そこで、インターネットで筋肉について色々と調べました。
で、一つ気になった部分を見つけました。
それは、
ケツの筋肉!
そう!おケツです。
丁寧に言えば臀部(でんぶ)でしょうか?尻ですよ尻!
ケツの筋肉について調べると体全体のショックを吸収する役割があるとか。
そこで!
私のケツ筋がしっかりと柔らかければ、身体が受ける振動をケツが吸収して腰への負担が減るのではないか
という仮説を立てて腰痛に対処したいと思います。
具体的にやる事は、、、、
1.ケツ揉み
2.血行を良くする

これでもう俺は大丈夫だ!
そう言い聞かせて、まずはおケツをモミモミ。
意外と硬いんですね、うん。モミモミ。
モミモミモミモミモミモミミミモモミミモミミモミ
揉むのって自分でやるとけっこうツライ。それに何か飽きる。
なので、
次は血行促進!!
このアイテムを使おう!

2014-09-09-12-56-56

そう!お灸ーーー!(大山のぶ代的なドラえもん声)
ですが、1人でお灸をするのってたいへんです。
しかもおケツになんて、、、、
でもやるしかありません。血行のためです!
ケツにやいとをすえるわけです。
やってみてよくわかりましたが、服が邪魔
シャツとかまくっておいても、もし落ちてきたら、お灸は火がついているわけですから、服に燃え移り大けがしてしまうかもしれません。
なので上着は脱ぎ脱ぎ。
ズボンも動きを抑制しますので着用は断念。
半分ズリ下げたパンツと靴下のみで挑戦です。
火をつけて、見えないおケツのこの辺かなー、、、と予想を立ててピトっと貼ります。リャン面テープが施されているので大変便利なお灸。
頑張って3箇所つけたら、立っていては灰が落ちては嫌なので、うつ伏せの態勢に。
家のリビングに1人ほぼ全裸でケツにお灸の40歳男子、、、
考えると少し憂鬱ですが、腰痛を治すためです。仕方ありません。
まぁ治るかどうか定かではありませんが。
あっつい熱いお灸も数分で終わり。
んー、どうかなー、、、?
腰が若干ほんの少し微妙ですが気のせいかもしれないくらい軽くなりました。
これは継続しましょう!!
一ヶ月くらい続ければ、、、一ヶ月くらいほぼ全裸ケツお灸を続ければさらなる効果が出ることでしょう!
さぁ!
ルーディメンツの内容に、、、、
次回にしますね。では!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事