先日の事です。以前私がドラムを教えていた生徒さんがいるんですが、その方に逆に私がレッスンしてもらうということがありました。
教えてもらっている私の方が『先生』と言われながら教わるというちょっと変な状況。
私は、楽器というのはある程度の演奏レベルに達すれば自分自身で考えて自分を創造していくべきと常日頃から考えてます。
教えてくれた彼はもう結構前に『卒業』していったわけですが、私が教えていた頃から今もひとつのジャンルに没頭して続けています。
そのジャンルは私が今後おそらくやることのないジャンルですが、そのテクニックとグルーブ、要素、練習方法についてどうしても知りたかったので、レッスンしてくれとお願いしました。
彼のドラミングを間近に見て感じたことは、音楽はやはり『深さ』が大事だと。
ひとつの事だけ追求し続けることで得られることってすごく大きい!
10年近くひとつのジャンルを続けて、ほぼ毎日のように練習していた彼のドラムからはそのジャンルにおける骨太さが滲み出ていました。元生徒に教えられました。
ま、僕自身も少しずつは成長してはいるんでしょうがひとつのジャンルだけをずっと続ける精神力があるのか・・・・。
数年間は頑張れるとは思うんですが、どうにも目移りしちゃうところがありまして。
性格だけはどうしようもないので、自分のテンションに任せますがね。
いつの日か、これが自分だと良い開き直りができることを祈ります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事