image
写真は2眼レフカメラ。
『大人の科学』という本の付録でついてて、プラモデルのように組み立てました。


こんなカメラがあることなど一切知識に無かったので興味津々で購入。
本には実にわかりやすく2眼レフカメラの構造から、レトロなカメラの特集などたくさん書かれていました。
この付録カメラ、実際に35mmフィルムを入れて撮影できます。
実際の2眼レフは6×6サイズのフィルムらしいですが。
カメラの性能でいえば最近の携帯電話の方が遥かに上。オートフォーカスも無ければ、フラッシュも無し、暗いところでは確実に撮影は不可。一枚撮ったらフィルムを巻かないといけないし、巻き忘れると2重写りに、、、、。
しかも、この付録カメラは最低限の機能だけなので、何枚撮ったかさっぱりわからず、一枚分のフィルム巻き取りも目分量でこのぐらいかと予想して巻き取らないないといけません。
そして撮った画像をその場では確認できない!アナログなんで当たり前ですね。
ほんと不便きわまりない、、、、。
そう感じるのはデジカメ、携帯カメラに慣れてしまっている証拠なのでしょう。
このカメラで遊んでみて、デジタルカメラが世に出るまで、写真を撮るということは大変お金のかかることだったんだと気がつきました。
現在36枚撮りのフィルムが約700円。現像代金等考えると1枚の写真が出来上がるのに100円くらいはかかるのかな?そこまではいかないか、、、?50円くらい?
デジタルカメラが主流になるのもよくわかります。
20歳くらいまでの人たちがこのカメラを見てどう思うんでしょう?
不便なアナログを楽しもうとはならないでしょうね。私自身ある程度年齢を重ねたから懐古主義的な楽しみ方ができますが。
不便を楽しみつつ、現像に出して写真が出来上がるのを待つ楽しみを味わいたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事