みなさんお疲れ様です。ドラマーの山口リュウシロウです。めっきり寒さのレベルが冬のものへと変化してきました。体調崩したりしてませんでしょうか。温かいものを食べて免疫を高めましょう!

さて、突然ですが、4K って知ってますか?知ってますよね、さすがに。そんな目新しい響きでもないし、今やテレビでは8Kとかも…。

つまりは、画像、映像の綺麗さや鮮明さの話ですよね。今更ながらそんな内容を意識するようになりました。

一応僕もYoutubeで動画をアップしたりしてるので4KとかHDとかいわゆる解像度については気にしたりしていました。やっぱり鮮明な映像の方が良いしスティックの動きがよく分からないような動画じゃまずいしなぁと思ったりしてました。

僕は基本的にアップする動画を撮る段階ではHDで1080の30fpsで撮ってます。(フルハイビジョンの解像度で1秒間30コマの設定)

それで十分綺麗じゃないか!と思ってました。Youtube上でストレスなく見られるし、特に問題は感じておりませんでした。ってか気にもしてなかった。

まぁ正直なところ撮るのに使ってた機材が4Kで撮影することが出来なかったから考えが及ばなかったわけです。

で、最近購入した機材のGO PRO HERO9。これが4Kで撮れるんです。何なら5Kでも…データが大きくなってストレージが圧迫されるのもなぁ…と少し渋ったりもしたのですが試しに撮ってみました。そんなに変わるのか?と、気になったので。

ちょっと比較してみます。まずはHDから 

こちら↓ 0:35以降の演奏してるのがHDです

そして4K。こちらも0:35以降


たしかに4Kの方が動きが鮮明な印象。4Kで60fpsで撮ってます。1秒間に60コマの設定で最初の動画の倍になってるのでそれは確かに動きは鮮明に見えますよね…。うん、純粋な比較になってないです、すみません。

ただ、4Kの解像度はHDに比べて約4倍の細かさなんです。

普段僕はiPadで見るんですが、これは大きな画面のテレビとかで見た方が分かりやすいですね、たぶん。

あ、でもウチのテレビはネットに繋がらへん…

果たしてどれほどまで4Kで見やすくなったのか、テレビを新たに買い替えたときに分かるのでしょう。

もうゆうてる間に8Kとかが主流になるんでしょうけど。

時代に追いつくって大変です。興味はいっぱいあるので勉強を続けますー。

ではではまた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『今まで我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事