ce5d249f.bmp 最近、ストレスを過度に受ける人
 が多いようです。過度のストレス
 は、生きていく上でのバランスを
 崩し肉体と精神のパワーを奪って
 しまうとか・・・
この「ストレス」とゆう概念は・・・


もともと物理学で使われていた言葉を、カナダの生理学者「ハンス・セリエ」
博士が1936年に「ストレス学説」を発表したことから広く知られるように
なったそうで・・・・
学説の内容的には・・・
①重い荷物を左手に持っていました。
②すると、左手がしんどくなってきました。
③荷物を右手に持ち替えて少し楽になりました・・・
みたいな感じです。この「荷物」がストレスにあたるもので、ストレス学説
はストレスを減らすためのプロセスを説いたものでした。
この一連の行動は「気分転換」だそうです。
ただ上のケースにおいて荷物を持っていない右手がすでに疲れているときは、
このストレスは解消されず、気分転換にはならないそうです。
こんなとき必要なのは「休息」らしい・・・
使い分けが大事!!
これは癒し?の音。目をつむって聞けばそこに風景がひろがる・・・?
気分転換にどうぞ。場所をクリック・再生でどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事