486d95b5.bmp 人間には、優れたDNAを求める
 本能があるそうです。優れた
 DNAとは、「美しさ」・「強さ」
 などがそうで、これらが優れた 
 ひとが魅力的に見えるのは本能
 が求めているからだとか・・・・・
 その昔DNAの命令により男の人生を狂わせた女性がいました。
 絶世の美女「クレオパトラ7世」・・・


絶世の美女と言われる「クレオパトラ7世」は、その美しさを武器に
ローマ随一の権力者「カエサル」を虜にして、女王の地位に就きました。
「カエサル」はローマで様々な改革を行い勢力を強めますが、彼を良く
思わない共和政主義者に暗殺されてしまいます。身の危険を感じたクレ
オパトラは急遽エジプトに帰り、考えました。次はどの男を虜にするべ
きか・・・・婚姻関係を結ぶことで生きてゆく地位を得られるのだから
・・・
クレオパトラの「標的」は2人いました。カエサルの遺言により後継者
に決まっていた「オクタヴィアヌス」、カエサルの右腕と言われ軍事
指揮をとる「アントニウス」の二人・・・。
クレオパトラは「強さ」に惹かれ「アントニウス」に近づき、彼を虜に
してしまいます。彼の強さが魅力的に感じたのでしょう、人気も「オク
タヴィアヌス」よりあって、将来はローマの王になるのだと計算したに
違いありません。
ところがこれが彼女の大誤算でした・・・
アントニウスはカエサルの後の王「オクタヴィアヌス」の姉「オクタヴィア」
と結婚しており、クレオパトラは愛人として彼のそばにいました。
クレオパトラと熱烈な恋愛に落ちてしまったアントニウスは寝ても覚めても
彼女の事ばかりを考え、骨抜き状態になり・・・
東方への遠征は失敗、ローマ市民からの信頼を失ってゆきます。
恋愛にハマりすぎたアントニウスはついにエジプトに定住し、「オクタヴ
ィア」と離婚、遺言状に「死んだらエジプトにクレオパトラと一緒の墓に
埋めてほしい・・・」と書く始末・・・・
これがローマ市民の知るところとなり「裏切り者アントニウスを討て」と
ゆう世論が高まり、翌年全イタリアはクレオパトラに宣戦布告!!
恋する2人はこの戦いで命を落とします・・・
DNAの命令で人生を狂わせた2人のお話でした。
優れたDNAを求めすぎるのは良くない・・・?みたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事