みなさまお疲れ様です。ドラムの山口です。

先日箕面市が主催するスポーツイベント「大人のバスケットボール教室」に参加してきまして現在激しい筋肉痛に襲われております。明日になればもっとひどくなるのか…どうなのか。バスケットボールは実にハードなスポーツです。走って投げて跳んで…がひたすら繰り返しされるわけで、体力はもちろんですが、腕や足の筋肉そして腹筋背筋がめちゃくちゃ必要。もう私の年齢だと頑張りすぎると骨が崩れそうです。少しでも高く跳べるようにダイエットでもしましょうか…。20代の頃に比べたら20cmくらい跳躍力が落ちてる感があります。

とりあえずダイエットとスクワットや腹筋等の筋トレを目先は頑張って、将来的にはダンクシュートできるおじさんを目指しましょうか。将来っていう未来を何年後に設定するかが大事ですね。運動能力は下降線の一途を辿ってますゆえ。

ま、ケガせず安全にできたならばそれで十分なのかもしれません。多くを求めちゃいかんです。

緊急事態

さてさて、本日は2021年1月14日ですが、新型コロナ感染拡大防止のための緊急事態宣言が大阪も対象とされるようですね。飲食店の営業時間短縮が大阪府下全域に広がるようで、酒類の提供は19:00までとか…。ライブハウスやジャズクラブ等イベント中止など相次いでますね。

音楽をやる人間にとっては実に厳しい時期がまたやってまいりました。昨年の2月~6月あたりまでの暗雲たる状況が思い出されます。なんとか改善の兆しが出てきたら良いなぁと思いますが…。

ドラムレッスンについて

こちらは現在僕の教室に通ってる生徒さんへの連絡的なものになりますが、レッスンは感染対策をきっちりとしたうえで通常通りにやる予定です。入室時の手指消毒、マスクの着用、検温、換気、そして最近新たに性能的に信頼できそうなオゾン発生機を導入いたしました。

こちら↓

日本製。そしてメーカーは「maxell」。マクセルといえば思い浮かぶのはカセットテープ。ハイポジとかノーマルとか色々ありましたね。10~20代の人たちには分からないだろうなぁ。懐かしい。

ってことで、感染防止のためにできる対策は徹底します。ですが、外出自体が不安な方はご連絡ください。

しかし、あまり注目されてる感がありませんが、オゾンというものはすごいですね。気体のオゾンは濃度が高いと人間の身体にも影響が出ますが、低濃度の状態になると菌やウイルスを不活化されるとか。オゾン水に至ってはアルコールよりも殺菌消毒の力が強いとか。現在オゾン水生成器を買おうか検討中です。

基礎練習部屋

さてさて、コロナのおかげでイベントを自粛せなあかん状態になってしまうと、楽器ををやってる人にとっては結構苦痛な状況が続きます。何が苦痛に感じるかとなると…

イベントやライブが無くなっていく

集まってスタジオで練習することがやりにくい

何よりも気軽にアンサンブルができない

ってところかと感じてます。なのでちまちまと1人で練習したりということになってしまうのですが、ライブやイベントのない今しか見えないと何のために練習するのか先が見えない状況が嫌になったりします。

実際僕の生徒さんでもバンドが活動止まったままって人もいたりします。ライブが決まらないからリハも止まってるとか。

僕自身は次回のリーダーライブを計画中。自身の目標を決めてじっくりと練ったライブにするつもりです。こういう動けない時は計画を長期的に立てるのも良いかもしれません。もちろん長い期間計画したそのライブが無くなってしまうリスクはありますが。

来たる日のために今は練習です。今週も山口ドラム基礎練習部屋やってます。

前回に引き続きサンバ。足の動きが安定したらこれに取り組みましょう。サンバに関してはもう少し継続して基礎練習部屋での動画を作成する予定です。動画の内容がきっちりできたらジャズにおけるサンバはある程度対応できるはずです。

ということで、未来のための目先。こういう時に1人でこもって楽しんで練習できる人間でありましょう。

ではでは

ごきげんよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『今まで我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事