みなさんこんにちは
頭の中が5連音符で今のところ満たされているドラマーの山口です
お元気ですか?

 

さてさて本日は世間では成人式のようです。自分のが成人式に行った時のことはぼんやり覚えてます。たしか紋付袴を着たなぁということと女性はみんな晴れ着でキラキラしてたなぁってことぐらい。
男はみんなスーツだったなぁ…たしか。袴を着ていた僕が異様に浮いてたのも記憶に残ってます。

いまだに不思議なんですが、なんで女性はみんな着物なんでしょうか?着なくてはと思わせる文化がいつからか根付いたのでしょうか。それともバレンタインのように企業が仕掛けたキャンペーンが成功した結果なのでしょうか。いずれにせよ若い人たちがキラキラ輝いてる雰囲気は良いですね。

僕が20歳のころ、頭の中は遊んで楽しいことするということばかり考えてました。数年後に社会に出て痛い思いをすることなど全く予想もせず、結構人生って楽勝だろうと考えてました。
大学卒業後に就職した会社が超絶ブラックだったこともあり世間に対しての失望感とかハンパなかったです。そして思考は「頼れるのは自分のみ」というちょっと偏った方向へ。ドラマーへの道がスタートした簡単な経緯です。
さておき、僕みたいに就職後に挫折して苦しむような人間も今日の成人式に向かっている面々の中に少なからずいるんだろうなぁ…と思います。人生そんなに悪いもんじゃないと思うから頑張ってほしいなぁとそんな思いとともに見てしまいます。歳くったなぁ僕…。

 

これから先の未来への不安とか考えると、自分の子供が成人する頃にはもっと酷い社会に日本がなってるんじゃないか…と感じずにはいられません。そのためにも我が子にはさっさと日本を捨てて世界で働いていける人間になってほしいなぁと、超絶わがままな願望を持っております。

そのために子供に必要なことは、言葉の壁を持たないことです!とりあえず英語は確実に使えねば!

子供に英語を勉強しろと言ってほったらかすのは無責任なのでまずは自分が喋れるレベルを目指して勉強しようと思います。
昨年末に「電話で英語でクレームを言う」という目標を持っていました。残念ながらクレーム言う相手は商品を発送してしまったので無くなってしまいましたが、この目標はまだ捨てずに継続しようと思ってます。

じゃあ具体的にどうやって喋れるようにしようか…

私の作戦としまして、映画を利用しようと思います。今回選んだのは

ボヘミアンラプソディ!

映画のセリフをとにかく覚えてキャストが喋る感じをそのままマネして、ゆくゆくは1人ボヘミアンラプソディができるくらいを目指します!

ボヘミアンラプソディはこれね

喋れるようになるか分かりませんが、昨年英検を受験してみて感じたことは、この検定のために勉強しても英語を喋れるようになる気が全くしないということです。なので、口から自然に出るようにする練習を積みたいと思います。まずは真似しよう。ゲイっぽくなるかな…どうだろ。
将来のための行動をまず自分から

ってことで今日はこの辺で。ごきげんよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『今まで我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事