みなさんこんにちは
めっきり不健康体で運動不足気味のドラマーの山口です
家の中にある桜が満開を迎えてるので、ここで花見でもしてやろうか考えてます。

ですが、現在薬を摂取している身ゆえ飲酒は無理です…。
「花より団子」ということでよしとしようかと思います。運動不足と合わせてさらに不健康に磨きがかかりそうです。
運動します、そのうち

 

 

さてさて、本日は新型コロナウイルスでの一斉休校によりヒマを持て余している生徒さん方への宿題

宿題その3~世界が終わるまでは

です。めちゃくちゃヒマで時間が有り余ってるっていう話しか聞きませんので、ドラムを練習しましょう!

今回のテーマとしてはシングルパラディドル

パラディドルを解説しておくと、パラが左右交互、ティドルが右右とか左左とか同じ手順を2打
なのでパラディドルとなると、手順がRLRR LRLLとなります。本日はそれをきっちりと。

 
前回のシングルストロークでは、「速くて叩けない」とかいう言葉もいただきました。はい、わかりましたよ。
今回はゆっくりです。80からスタート、速くても120まで。だからしっかり頑張ってね。

パラディドル基礎練習動画はこちら↓

で、これができたら今回は実践的にフレーズに応用してみましょう。

パラディドルを6連符にぶち込んで1小節分のフィルインにします。

 

平成の名曲、WANDSの「世界が終わるまでは」サビ前ブレイクに対してのフィルインにしましょう。譜面はこちら

フィルイン部分から記しております。参考動画を見て頑張って完成させてください。
動画はこちら↓

※2020.3.21追記
 先日私のUPしていた動画において著作権のご指摘を受けました。
 つきまして、以前の動画は削除して新たにシングルパラディドル6連系フレーズのフィルインの動画をUPいたしましたのでそちらをご参照ください。
文章の内容とは少し異なりますがさらに難しい内容となっております。マルチアングルで足の動きも確認しやすいのでぜひマネして練習してください

はい。いかがでしたでしょうか。またそのうち気が向いたら宿題を出しますので、それまでしっかり練習を繰り返しておいてください。

ではではごきげんよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『今まで我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事