みなさんお疲れ様です。ドラマーの山口です。
最近ちょっと気がついたことがあります。今まで毎月楽器店からの給料で住民税が天引きされておりましたが、よくよく考えると3月からレッスンも止まってしまったので給料はなくなり、3月末から住民税を支払っていませんでした。
市役所にその旨を電話で連絡したら「会社の経理が処理してるはずだから確認しろ。」とのことで久々に本社に電話。

 

僕「あのー、僕3月からレッスン行ってないし、天引きされてた市民税を払ってない状態なんですよねー」

経理「あーそうそう。会社が建て替えで払ってるからー。今度行ったら店のレジで払っておいてー」

僕「あぁ…そうすか」

 

僕はどうも楽器店のレジで市民税を払うようです。実感がわかないなぁ…。

 

 

さ、気分をポジティブに持って本日のお題

オンラインレッスンへの道5

ということで、僕が重ねてるドラムのオンラインレッスン実験のレポートです。

と、その前に先日僕のGメールにご意見が届きました。お名前が書いてなかったのでどなたかはわからないのですが、ご意見の内容としましては…

 

僕の実験で使用しているアプリがZOOMとかスカイプとかその辺だったりだけど、Facetimeはどうなの?FacetimeだったらiPhone iPad Macユーザーならインストールする必要ないし、メールアドレスを登録してもらえば可能!!

って感じでご提案いただきました。
ほんと、ご意見いただきありがとうございます!こういう時にリアクションいただけるということはすごく嬉しいです。

Facetimeってこのアイコンですよね。iPhoneとかアップルユーザーに限定されますが、これは最初からインストール済みなのでオンラインレッスン導入のハードルは一段階下がりますね。はっきりいうと、すっかり存在を忘れてしまっておりました…。また近いうちに実験してみたいと思います。使った時の肌感はどうなんでしょうね、楽しみです。

 

 

さてさて、今回の実験はとにかく試してみたかった環境を使うことができました。その環境とは、

お互いがPCで有線接続でのやり取り

です。今まで試してきて、多くのご家庭でのインターネットの接続環境はほぼほぼWifiなのかと思い知ってましたが、やっとこさ有線接続どうしでやり取りが出来ました。

 

今回お手伝いいただきますのは、いつもよく一緒に演奏させていただいておりますギターの竹田昌也さん。これからネットデュエットを使っていくために今までWifiで接続してたパソコン(Windows)を有線接続にやり直したということなのでちょっと実験させていただきました。

 

 

ではではスペック確認です


●MacBook 有線接続
●オーディオインターフェース使用 ドラムにマイク4本
●今回はZOOM Q2nをウェブカメラとして使用

竹田さん
●パソコン(Windows)有線接続
●オーディオインターフェース使用
●内蔵ウェブカメラ

 

今回は竹田さんは特に楽器演奏なしで、こちらからの音と映像がどんな感じかを確認することを最大の目的といたします。とりあえずいつも使うZOOMミーティングでいきます。

竹田さんはZOOMを使うのは初めてとのことなので、僕から会議を作成、招待をメールで送ります。参加する方法を電話で指示するの図です。

 


そして繋がります。イエー!

 

一応こちらから撮った竹田さんの写った写真があるのですが、竹田さんちの部屋内もしっかりと写ってしまっておりますのでここへの掲載は自粛致します。昨今、自粛は慣れたもんです。

 

 

竹田さん宅ではこんな風に見えてます


写真を確認して、ちょっと太ったのと髪の毛ボサボサなのと、、、これはまずい。ちゃんとせねばという思いです。

で、とりあえずは聞こえ具合見え具合を確認してもらうがために、繋がってから早速こちら側で演奏してみます。

 

 

ドーン!タカタカトコトコ!トッパンドドパン!ガシャーン!

 

 

僕「どう?竹田さん。どう見える?どう聞こえる?」

 

 

竹田さん「あのねー、、、めっちゃ音と映像がズレるんすよー

 

 

な、なんだとーーー!!!
それはまことか!!!せっかくできた有線接続なのに、、、。原因はなんだ?ウェブカメラ使ってるから?じゃ内蔵カメラで行ってみよう!切替!!

 

 

はい、こっち!マイク持ってるのは歌うためではなく会話のための音声を拾うため。これから先の未来は一家に一本はマイクを持つ世の中になるかもです。

僕が使ってるトーク用マイクはこれ。3本セットでケースまでついてこんな値段↓
BEHRINGER ( ベリンガー ) / XM1800S ダイナミックマイク

トーク用とか楽器用とかで複数本持っておくのが良いかもしれません。

 

 

じゃ、叩いてみますね

 

 

ターン!ドーン!!

 

 

僕「どう?」

 

 

竹田さん「んー、、まぁちょっとマシかなって感じです

 

 

有線接続ってそんなもんなんだろうか…

 

 

少し失望感にかられつつ、とりあえず休憩、そして竹田さんとの近況報告タイム。はやく給付金欲しいよねーとか、一体いくらもらえるかなーとか、あまり期待できない未来について話しておりました。

 

 

ひとしきり色々と話しした後に、もう一回演奏をやってみることに。今度は竹田さんのところでどう見えてるのか動画にとっておいてもらおうかと。

 

 

 

一度音楽をかけてみます。今までこちらで音楽を再生すると、相手方に届くときには酷い音質になってました。ダメ元な感じでやってみましたが、竹田さんの反応は…

 

 

え?ちゃんときれいに聞こえますよー

 

 

お、どうもあまり違和感なく聞こえているようです。じゃ、音源に合わせて演奏してみるから録画おねがいー
で、撮ってもらった感じがこれです。

どうでしょう?時々、止まる瞬間も見られますが、Wifi接続の時にはもっとコマ送りでした。動きが細かくなると特に。今回は音と動きのズレもあまり気になりません。

 

最初はあんなにズレてたのに、、、
通信って徐々に速さが安定してくるのかな?ズレてた時はまだ助走期間だったのか…。

通信が安定しだすとやはりWifiよりも良いパフォーマンス

です。今回最も期待していた内容が確認できました。

そして、竹田さん側もパソコンなので、オーディオの詳細設定をしてもらいました。「連続的な背景雑音の抑制」を無効化するという設定です。

「オンラインレッスンへの道3」で言及しておりました内容。iPadとかの端末ではないのでこれが可能です。
無効化にしてもらった瞬間にこちら側で聞いているサウンドが一気に改善されました。全体が聞こえるというか音がカットされていない感じです。

 

 

まとめ

PCどうし、有線接続どうし最高っす!!!今までのWifi接続の人と相手してるよりもずっとストレスが少ない。安定感が違います。とくに音楽が流れた時、動きが細かくなった時に感じます。繋がりはじめは通信が安定してませんが徐々に良くなっていきます。

 

竹田さんの機材について確認したところPCはそこそこ古いです。10年前かそれぐらいのもので、Windows7から最近10に変更。CPUに至ってはCerelon。この辺がもう少しスペック上がっていったらどうなのでしょう。また興味が湧いてきます。

 

オンラインレッスンをストレス無くしていくためにPCで有線接続というのは大きな一歩です。オンラインレッスンを受けようという方はぜひともこの環境を目指しましょう。オンラインゲーマーが揃える環境に近くなっていくんですかね、知らんけど。

 

 

 

まだまだ実験は繰り返していきます。Facetime等のアプリ、接続環境、機材スペック、まだまだ楽しめそうです。教室の方のオンラインレッスンについてもだいたいまとめられそうなので近々募集、公開等動いていこうと思います。

 

ではではまた
ごきげんよう
Stay Home,Stay Safe

 

 

<前の記事へ> <次の記事へ>

 

 

オンラインレッスンに関するその他の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『今まで我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事