みなさまこんばんわ。休業始めて約3週間、ドラマーの山口です。

Amazonプライムで「コンテイジョン」という映画を見て、あまりにタイムリーな内容でちょっとショックを受けました。気持ちを明るく持ちたいものです。

 

 

さてさて、今回は

オンラインレッスンへの道3

ということで、新たな実験のレポート。

なのですが、まず前回僕は力強くZOOMは無理!って言ってしまいました。その件についてまずはお話ししておこうと思います。

 

 

ZOOMは無理、と言った理由はですね、楽器の音が消されてしまい音のやり取りが全然出来なかったからです。

しかし!

設定できるところがありました!
メニューの設定からオーディオを選ぶと入力出力を決める画面に行けるのですが、そこで僕は1つ見落としていました。
右下に『詳細』のボタンがあるのですが、それを押すとこうなります。

ここで出てくる項目、『連続的な背景雑音の抑制』『断続的な背景雑音の抑制』

これこそがドラムの音を消していた原因です。これを両方とも無効化にしましょう。これによってドラムの音はだいぶきれいに届けることができました。

教えてくれた高校時代の同級生O氏よ、ありがとう!

後はこれから引き続き使いながら良い点を探って行けたらと思います。なのでZOOMは無理は一旦取り消そうと思います。

 

 

さ、本日の本題としまして今回試してみましたのは

Skype

です。
ビデオ通話のアプリとしてはだいぶ前からありますよね?もう10年以上?

とりあえず、この使い勝手はどうなのか…。やはり試すには相手が必要ということで今回のお相手は、デザイナーでありベーシストでギタリストでドラムもたたく、そしてピアノからDTMまでマルチに高いスキルをもつK野さんです!

はい、K野さんは顔出しNGとのことです。目を隠さず口元を隠すあたりがD◯Mとかを彷彿とさせます。背景もばっちりボカシ入れてくれました。

 

 

では、今回のスペック確認

 

僕の環境
●アコースティックドラム
●MacBook pro使用
●ネット接続はイーサネット
●オーディオインターフェース使用でドラムにはマイク4本

 

K野さんの環境
●ベース弾いたり色々
●Macbook使用 たしか言ってた
●ネット接続はWifi
●最初Macのマイクとスピーカーで確認。必要になるとヘッドホン使ったりインターフェースも。

 

 

ちょっと前からK野さんとはオンライン飲み会とかやってZOOMは使い慣れてきた感があります。ですが、今回はSkypeと言うことで、K野さん自身だいぶ前に作成していたアカウントを使用してスタートしようとしましたが繋がらないというハプニングが…。

一旦インストールし直しという順序を経てつながりました。

 

 

とりあえず、

映像、音はどうなのか

 

僕から、ドーウ、バン!ドゥドゥパーン!タカトコトコドドガシャーン! 

 

 

『K野さーん、どうですか?聞こえ方』

 

 

『キレイです。デフォルトでばっちりです』

 

 

おぉ、キターーーーーー!!!

 

 

 

それにK野さん曰くはドラムスティックを振る動きもキレイに見えると。
何々!?いいじゃん!カイスプー!!!(Skype)

 

 

 

で他に出来ることを探します。
まずは画面共有を。僕のMacの画面をK野さんの方でも見れるようにするわけです。で、iTunesとか出してみて、画面共有は完了!!じゃあ、音楽流しますねー! 

 

K野さん『んー聞こえませんねー』

 

んー、そうなのかー。こっちで鳴らした音楽を送るのは無理かー、、、

 

 

って感じで、スカイプの音楽共有をあきらめてしまいましたが、調べたらちゃんとできるみたいです。

なんなんでしょうねー。いろいろいじくりまわして頑張って探すより、ググったら一発で正解にたどり着くと言うのが当たり前です。知りたい操作方法とかはググって、実験するのは感覚的にどうか確かめるということですね。しかしまぁ勉強勉強。

 

 

で、Skypeを終了したわけですが、K野さんの感覚で言うとSkypeの方がZOOMより快適に見られる感があったようです。この辺の感覚大事。ストレスが少ないのは良いことです。

 

 

 

で、次に試したのが

Google Duo

このアプリはGoogleが出しているビデオ通話アプリ。ブラウザ上でGoogle Duoを開くと、電話番号から検索して通話をスタートできます。iPadとかならアプリで。

で、電話番号がないと通話できないんだったかなぁ…なんかそんなの。

とりあえず試してみて、

 

『んー、まぁスカイプの方が感触良いですね』とK野さん。
それに、出来ることは結構限定されてそう。でも一応グループ通話もできるみたいですよ。4人までとかどうだとか。時間制限なさそうなので、ZOOMより主流になる日が来るかもしれません。
でもなんだかなぁ、印象薄かったなぁ

 

 

今回やってみて学んだことは、

●スカイプはデフォルトで素晴らしい
●知りたい使い方はググれ

この2点は肝に命じて。

 

スカイプは品質的に良さそうなのですが、ZOOMと比べた時にインストールやアカウントの作成等の手間がかかるという大きな問題があります。

 

これはどうしようもないことなのですが、うちの生徒さんにアンケートを取ったところ、「ダウンロード」という言葉さえよくわからないという人が多い…。これも事実。

 

 

生徒さん側がオンラインレッスンを受講するにあたって揃えなければならない機材、知るべき知識、なかなかのハードルの高さです。どうすれば、気軽に楽しめるものになっていくかなぁ…

 

 

 

で、この辺の機材周りのことを親交あるベーシスト津田さんがブログにまとめてくれてます。ZOOMに特化して書いてはります。

 

音楽講師なら知っておきたいzoomミーティングアプリをオンラインレッスンに使用する場合の設定方法と機材のまとめ(Mac版)

 

ぜひチェックしましょう!僕がめっちゃ時間かけて確かめてることを一瞬でやってしまいかつ記事にしてる津田さん、、、すごいお方です。

 

この内容の同じセッティングをSkypeで試してみたりもしましたが、やはり違ってたりします。この辺はトライアンドエラーで知るべしですね。

 

 

長くなりましたが、今日はこの辺で。

 

まだ色々試してみます。ではではごきげんよう
Stay Home,Stay Safe

 

 

<前の記事へ> <次の記事へ>

 

 

オンラインレッスンに関するその他の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ドラムレッスン教材販売中!

ドラマーに必要不可欠な基礎練習をレクチャーしているDrums Basic Skill Trainingです。
当教室の門をたたいてくれる方の多くから、『今まで我流で曲のコピーのみやってきたのでドラムの基礎の部分を知りたい』を聞いたことからこのウェブレッスンを作成するに至りました。
ドラム上達に必要な練習をシングルストロークに絞ってレクチャー。
動画に合わせて練習するプログラムです。

おすすめの記事